脳卒中の治療後における在宅療養

入院した医療機関で脳卒中の治療が進み、ある程度リハビリも進むと、その後は在宅療養となります。十分な医療サービスが在宅で受けられるのかを心配する人が多い一方、住み慣れた自宅に帰れることは何よりも安心できます。退院が決まったら、家族で協力して在宅療養ができるよ、環境を整えることから始めます。

2006年度から在宅療養支援診療所制度が設けられました。これにより自宅で定期的な診察や医療処置、健康指導などを受けることができます。支援を受けられるのは、入院が必要な急性期を脱し、症状が安定してるものの通院が困難な場合です。この支援は、脳卒中の患者のほか、認知症、パーキンソン病、高齢者の大腿骨の骨折などでも受けられるケースがあります。

脳卒中では、リハビリテーションの継続が重要です。しかし、自宅に帰ると患者さんはほっとしてリハビリを続けることを辞める傾向にあります。そんな時家族は叱りたくなりがちですが、それが逆効果になることもあるので難しいものです。叱咤し、厳しく忠告するよりも、患者さんがリハビリを継続するモチベーションが挙げられるような、フォローがもとめられます。一食に美味しいものを食べに出かけたり、散歩するのもよいでしょう。

患者さんの後遺症が重い場合や、もともと持病があって介護が必要な場合は、介護保険などの公的制度を積極的に利用しましょう。退院前に地域の福祉事務所や病院の医療ソーシャルワーカーに相談すると、手続きの仕方を教えてもらえます。